遠征終了。

c0019951_21115490.jpg

今朝7時半前に起きて8時半過ぎから昨日の浜でたち込みしましたが、
思いのほか、出そうになくて、30分投げて、初日に行った河口とサーフに移動。
河口付近の漁港寄ってみると、水深が無茶苦茶あって、足がすくみますが・・・。
ふと

藻場を眺めると・・・・・。
シーバスはっけ~~~~ん!!!!!

とがぜんヤル気が起きても。

サーフ用プラグしかなくて、足場の高い場所で、どう攻めるか考えて
SL14のライブオオナゴがなぜかシンキングだったので沈めてジャークジャークしても
追いかけても来ずに、
先ほどと同じくらいの大きさの20匹くらいの群れを発見しても、ルアーに見向きもせず。

サーフに戻って投げていると、
c0019951_21373225.jpg


一発ガツンと何かがきまして・・・・・

きた~~~~!!!!

がっつり合わせると・・・・・・。

ドラグを移動の時に緩めていた為に・・・・・。奇跡のすっぽ抜け・・・・



たぁ~~~~~、しまったでぇ~~~~・・・・・。


二度と起きない奇跡に凹み・・・・・。

その後30分ほど投げて萩全日程終了。

完全坊主。
c0019951_21135592.jpg



また・・・・・。年内行こうと思います。


懲りずに。




そして、河口からハジメ君の家に帰る時の信号待ちにて

物凄いテンションの高いおばあちゃんが近づいてきて
どうやら、僕の単車のマフラーの音がヘリコプターの音に聞こえるそうで、
大うけしてたみたいです。

行きも帰りも相変わらずリッター40走ってくれてとても頼もしい相棒FTR君も
あと900キロで6万キロ到達です。

ここまできたら地球2周はいきたいもんっすね。


最後
下関市の道でネズミ捕りにあった・・・・・・。
いきなりおまわりが飛び出してきて誘導されて、やっちまった??いや、
そんなでてねーぞと思ったら案の定注意で住んだけども、ぜってー前の
軽トラの方が早かったと思うな。

c0019951_2115734.jpg

そのまま日本一周できそうな量ですが9割ルアー関連しか持ってません。
c0019951_2115559.jpg

萩着いて一発目にエギングした場所。
毎回萩に来たら、とりあえずここに来てからハジメ家に行くという流れが完成しつつあります。
c0019951_2117254.jpg

某河川中流付近にある堰堤。もう真水だし、流れがはやいのと、リバーシーバスは
流れも考えるので難しいと思った場所。
c0019951_21183457.jpg

実物は人二人が乗れるキングオブキング赤エイ。
尻尾があったりなかったりってのは雄と雌の違いなのか何なんだろうか・・・。
こいつなら踏んづけてもハリでたられないとは思うけども、できれば会いたくない・・・。
他にも60センチくらいの石鯛とか・・・さすがは萩の明神池。
釣り禁止だけど、萩に行くと、ついつい行きたくなる場所です。

c0019951_2120573.jpg

夏はテナガエビの巣と化す、某川。
対岸はビック野鯉の回遊ポイント
c0019951_21225264.jpg

岩場を歩いての突端からですが、こっからバイブレーションや、シンキングミノーで
やれば、おもろいと思われます。
c0019951_21242358.jpg

最初に行った河口ですが、無茶苦茶水深があり、流れも強烈で、航空写真だと
かなり熱いと思ったのに・・・・。奥に見える沖防テトラにヒラスズキがついてるらしく、
梅雨時期に河口内に入ってくるみたい??な事もあるそうで。
c0019951_2128034.jpg

昨日入った中流河川で、ちょうど写真で川に見える線あたりまで入って深場を
投げ倒した場所。

長門~下関間のビバ日本海沿線!!!!!
c0019951_21314913.jpg

c0019951_21304733.jpg

益田や油谷まで行くと、70~80センチのヒラメがルアーで釣れるそうです。
100匹エソ釣って、その中に混じってるみたいですが、60センチ以下がおらん!!という
かなり激熱日本海沿線ヒラメ情報。
といっても、じゃー明後日の朝行くぜとは言える場所じゃないだけに・・・・・。


今回航空写真釣りマップ見て作戦練ったけども、地元ルアーマンとかの情報が
一番適格だなと、反省・・・・・。
航空写真じゃ水深とかわかんねーし・・・。場所かとかも大幅に変わってたり・・・。
まぁ、次は夜明け前から行動せないかんですね。
[PR]

by go-with-the-ftr | 2008-05-22 21:03 | 釣行記  

<< サーフエギング。 二日目。悪夢の寝坊スタート >>